ケミカルピーリングでシミを改善

シミの原因はメラニン色素の沈着によるものです。 したがって、メラニン色素を排出できれば、シミは消すことができるということが言えるでしょう。 いくつか方法のある中でも、今ピーリングによる排出が注目されています。

ケミカルピーリングとは軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、細胞の状態と整えること。 簡単に言えば、古い角質を剥がすことで、新しい皮膚を造り出すようなものです。 そこでシミの原因である角質に沈着したメラニンをケミカルピーリングで取り除きます。 この場合、角質層のみの浅いピーリングとなるので、AHA(グリコール酸)を用いることがほとんどです。

このグリコール酸をシミのある箇所に塗り、その後角質や表皮を剥がします。 しばらくすると角質層の構造や機能を改善する作用が見られ、本来の美しい肌が戻ってくるというわけです。 ケミカルピーリングは基本的には自分ではできません。 医師の十分な観察とともに、薬剤の濃度、放置時間など正しい施術をしてもらいましょう。