食事に気をつけてシミを予防しましょう

夏が来ると日傘をさす女性が増えるのは、紫外線を浴びることを避けてシミやソバカスができるのを防ぐためです。 もちろん、これは必ずしていただきたい予防策の一つです。 そして、このような外部的な予防と合わせて内部的にも予防をしていきたいと思います。

内部的予防の代表的なものは食事によるシミやソバカスの予防です。 シミなどのお肌のトラブルに有効なのは、タンパク質とビタミン類です。 特に、ビタミンB2は紫外線に対して抵抗力をつけてくれる上に、皮膚に潤いを与えてくれます。 また、ビタミンCは色素細胞刺激ホルモンの働きを抑えてくれます。 紫外線が増える季節には、ビタミンB2とビタミンCは積極的に摂っていただきたいと思います。 もちろん、バランスのとれた食事も大切なことは言うまでもありませんね。

ちなみにビタミンB2は、牛肉、卵、牡蠣、あさり、牛乳、ほうれん草、キャベツ、海苔、納豆、味噌、大豆などに多く含まれています。 ビタミンCは、レモン、オレンジ、みかん、トマト、大根、にら、ねぎ、キャベツ、春菊、白菜、アスパラガス、にんにくなどです。 これらを取り入れた食事を心がけると良いでしょう。